TOP >不動産活用企業・個人(活性・再生)                                                                   
  
不動産コンサルタント 大阪  不動産コンサルタント 大阪 トキワグル−プ 不動産コンサルタント 大阪  トキワグル−プ  不動産コンサルタント 大阪  トキワグル−プ 不動産コンサルタント 大阪 常盤商事  不動産コンサルタント 大阪  トキワグル−プ谷町四丁目
   
   
   
   

TOKIWA PARTNER 

 
   
  事業実績紹介 OUR SERVICE

   
 
 
 
 

TOKIWA PARTNER トキワパートナー事業部

 信頼できる専門家と出会えて共に歩む伴奏型パートナーシステム
 
  
 
   
   
   
    チーフコンサルタント  グル−プ 代表  藤 谷 忠 義     
    お問い合わせ電話    06-6942-0728       無料相談メール
 
  
 
 
 
多くの人のご相談を公開しますので参考にしてください

Q&A検索


お客さまからよく寄せられるお問い合せ内容とご相談を「Q&A」形式でご覧頂けます。
経営・実務サービス及び個人の悩みに関する疑問やお困りごと解決にお役立てください。
お問い合わせ疑問はメールで受け付けさせていただいておりますご遠慮なく下さい。
メール

 Q.「個人の経営とは何ですか?」
 
    A,かの有名な松下幸之助の言葉
   「個人の人生は経営である経営を考えて損しない戦略を見つけそれを確実に実行、その結果私は人生
    謳歌しました」
 
 Q.個人的な人生設計、家庭の将来の生活設計に悩みありその様な相談可能ですか
 
    A.相談は受けてます、現状の生活設計家庭の未来の生活設定のアドバイスいたします。
 
 Q.資産ありどの様な方法で対策すればいいのでしょうか。.
 
    A.現状を把握して検討必要ですが税金等の問題あり必ず対策必要。
 
Q.会社経営していますが未来まで安定経営どうすればいいのでしょうか。 
 
    A.未来永劫まで安定経営可能であると思います、それなりの経営企画を常に更新が必要。
 
Q何を相談していいのか分かりません? 
 
     A.今 怒っている事 困る事 嫌な事があればそれを相談すれば良いと思います。
 
 
 
 会社経営・個人経営の悩み解決いたします
先ず、遠慮なくご相談下さい、それから始めましょう
  
  経営指導
  経営判定 経営改革提案 経営再生企画 業務実務改革 経営者指導 
    
       
経営改革
          
会社売却 M&A   会社継承 個人相続対策
       
経営再生 
          
金融支援 資産売却  M&A   会社継承 
         
業務実務改革
          
人材斡旋 合理的組織改革  経費節減企画  IT改革企画
       
経営者指導
               個人心理カウンセリング  経営理論指導 組織運営理論指導
   
         経営者個人の代理として業務実行実績多数あり 個人理想の実現を第一に!!
 

         蒲Z合技術研究所   公認コンサルタント  藤 谷 忠 義
              相談受付窓口   鰹盤システムコーポレーシヨンメール 
                        電話 06-6942-0728 FAX 06-6941-0420
 
 
法人個人事業再生・土地活用
 
事業用資産の買換特例利用
 
財産倍増組換えシステム
     
 
常盤グループ (株)融合技術研究所と常盤商事のプロフィールです、
1971年4月大阪市中央区常盤町において喫茶店(常盤)を親から譲り受け常盤商事を創業しました。
1979年4月新たな事業不動産業を代表者一人で創業いたしました。
1980年4月不動産業の主業務を土地の有効利用に特化し建築施工も行い繁栄基礎を形成しました。
1986年4月建築施工、管理運営、不動産全般グループ会社鰹盤システムコーポレーシヨン創業いたしました。
1986年4月喫茶店(常盤)をステーキハウス常盤に業態変更して開店いたしました。
1988年4月ステーキハウス常盤二号店鎗屋町に開店いたしました。
1989年8月1ルーム30室のマンシヨン住吉区に新築いたしました。
1979年4月松下電器役員早川茂と経営コンサルト会社蒲Z合技術研究所創業。
1991年7月グループ基点本社ビル、常盤セントラルビル完成。
2000年4月介護バックの実用新案登録取得。
2005年7月スキミング防止カードケースエマカ実用新案登録取得。
2006年11月スキミング防止カードエマカ実用新案登録取得。

 
 蒲Z合技術研究所は故松下電器産業取締役早川茂と供に設立いたしました、設立意志は多くの人々の才能を今の世の中に発揮させる事ができる技術融合を成立させる目的でした、設立後多くの技術融合を成立をさせ多大な社会貢献したと自負しております。今後も新たな技術融合を成立させ大いなる幸福をもたらす努力をしていく所存です


皆様が[求める物]があれば私達に教えてください、[求める物を必ず与えます]それがトキワグループの仕事です。


自社ビル TOKIWA
所在地
地図
所属組織名  トキワグループ  
不動産コンサルタント 梶@融合技術研究所   
 所在地 〒540-0028 大阪市中央区常盤町1-4-12     常盤セントラルビル10階案内図はこちら
電話番号 06-6942-0728(グル−プ 代表)     06-6170-2087(光電話)
 FAX番号 06-6941-0420
 創業 1991年 4月
 事業内容 総合経営コンサルティングサービス
総合特許コンサルティングサービス
エスクローサービス(契約書等書類作成から登記完了まで実務代行)
個別不動産物件詳細調査・マーケットリサーチ
総合不動産投資顧問サービス
マンション管理組合管理運営コンサルティング
メンタルカウンセラールーム経営    トキワ心理研究所
 代表取締役社長   藤 谷 忠 義
 資本金  1000万円
 取引銀行  三井住友銀行 上町支店  東京三菱UFJ銀行  谷町支店 他







 
 
 
 今の企業経営・商いのヒント 

 社長に質問返答はご自身に
  貴方の企業経営・商いは適正ですか?
  貴方は商いの方法を時代に合わして変えようとしていますか?
  企業経営・商いの間違いは自分で気づきますか?
  商を始めたきっかけは?

                     (蒲Z合技術研究所  代表取締役社長 藤谷忠義)

序 章   企業経営・商いとは

1.  人が生活するにはお金が必要、そのお金を自分の力で獲得し豊かな生活を過ごすのが
   企業経営・商い。
2. 企業経営・商いはその舵取りである経営者の手腕が商いの優劣を左右する。
3. 企業繁栄・商い繁栄は時代の流れに乗るか、乗らないかにより影響するものである。
4. 時代が読めても、適材、適所に求める人に求める物を与えるシステムを持たなければ
  儲けることはできません。

5. 油断なく慎重に、且つ、大胆に物事を推し進めるのが企業経営・商いの基本である。
6. 企業経営は会社の歴史でなく、常に時代に合わせた前向きな改革ができるか出来な
  いかが大事である。


第一章   企業経営・商いの基礎

1. 今行っている商いの、儲けている他の企業・商い方法を知る、学び、自分の商い方法を
  見直す事が大事である、自己反省無き場合は滅びる。
2. 商いとは求める物を求める人に無理なくスムーズに与えるシステムを造り上げる事である。

第ニ章 理想の企業経営・商い方法

1. 信頼と確実なアドバイスをしてくれるブレインが常に廻りにいる。
2. 本物で確実で自信のある商品、システムをお客様に渡す。
3. 実績により信頼を得る商い母体を形成する。
4. 多くのジヤンルの商いにチャレンジする。
5. インターネットを大いに活用する。


第三章 企業経営・商い理念 (トキワグループ推薦)

1. 悔しいと感じる物事を見つけ、常に目の前に置き、その悔しさを乗り越える目標を設定する。
2. 今すべきことを精一杯すれば、豊かな未来と夢と希望が出てくる。
3. 自分を大事に、共に働く人を大事に、お客様を大事にすれば商いは繁栄する。
4. お金は後で着いてくる、お金を求めるのでなく人を愛し喜ばす事が一番大切な事である。

第四章   企業経営総論    

 企業経営の経営者はボランティア精神を一生持ち続け、日々働くのが一番大事な事である。
 何故、ボランテア精神を持たなければいけないのか、企業によって違うが経費の大半が
 人件費である、その現実を見れば理解できる。
 会社経営は、自分の生活の為にでなく、人の生活を守る為に、究極的には社会の人々の生
 活の為に
活動する物である、それにより、失敗は許されない、成功してこそ経営者としての
 価値が出てくる、本当に厳しい運命の定めである。

経営者の皆様 何か感じることがありましたでしょうか?
   現況の経営状態コンサルタントが判定します   自分の経営手段が間違いないか確認 
   改革方法見つけましょう    改革は即時実行が不可欠
 
  会社は今のまま、他社と融合し新たなビジネス創設
   
   企業が融合し新規事業創設

   事業構築資金 0  維持管理費 0 

                           本業の利益増額 新事業構築
 
 
 



 
 
 CRE事業部(Corporate Real Estate企業不動産)
個人・法人事業 所有不動産を活用し個人・法人を活性・再生させます 
☆所有不動産資産売却し、企業の営業資金に充てる。
☆所有不動産資産売却し、一部を借金の返済に充て、事業所移転して営業継続する。

☆所有不動産資産売却し、事業廃業し、賃貸業に事業を転換する。
☆所有不動産資産一部売却し、収益物件買い取る。
☆所有金融資産、頭金にし、収益物件買い取る。
 
経営危機資金捻出必要、不動産売却すれば資金は出る、しかし、商いの手段がなくなる、売却しても商い手段確保資金確保、借金あつても返済できる、それを企画実行するのがトキワCRE事業部です。
                                 担当 藤谷
企業・個人企業 活性・再生の事例 
個人・法人事業会社 経営危機勃発不動産を利用して儲かるに会社再生 
 会社所有不動産売却し、事業用資産の買換特例利用して収益のある不動産に買い換える。
個人・法人事業使っている所有地売却して収益物件を買いとる  
 個人・会社所有事業用不動産売却し、事業用資産の買換特例利用して収益のある不動産に買い換え、事業転換。
個人・法人所有地に収益物件を新築する
 賃料保証され安心経営の賃貸マンション・賃貸ビル・駐車場 新築
 
  課 題    活性・再生後
  経済環境悪化による経営危機、売却すれば
   商いができない、どうすればいいのか
    土地・建物を売却し、事業は借りて実行、商品製造工場無くなる場合OEMで他で造ってもらう。
 新たな多大な収入を得られる、収益物件を新たに購入する。
  所有している、土地・建物が小口でバラバラ
   にあり、充分な収益が得られない。
   土地・建物を売却し、新たな多大な収入を得られる、収益物件を購入する  
   個人・会社所有事業用不動産あり、今の事
   業が儲からない、儲かる事業に事業転換したい
 
   個人・会社所有事業用不動産売却し収益のある
不動産に買い換え、事業転換。
     
 その結果として、今の資産価値は下がらず財産価値は倍増する。
  得になる結果
   企業の経営危機回避    儲かる商売に業種転換
   新たな資産形成    安定収入増額
  資産継承者に有利     資産価値の向上
  運営経費・維持経費が簡単捻出    企業価値・個人価値向上
 
 
 企業繁栄の源(特許による企業再生
 蒲Z合技術研究所知的所有権活性システム   
  
  蒲Z合技術研究所は貴殿、貴社お持ちの及取得して商い創造
   特許・実用新案
(評価取得6)を買い取るか及使用権契約締結して、
      使用権販売・レンタル先企業を見つけ、知的所有権でのビジネスを支援します。

         

       お問い合わせ Eメール     担当藤谷
 産業財産権(工業所有権)の概要
知的財産権とは?
 知的財産権のうち、特許権、実用新案権、意匠権及び商標権の4つを「産業財産権」といい、特許庁が所管しています。
 産業財産権制度は、新しい技術、新しいデザイン、ネーミングなどについて独占権を与え、模倣防止のために保護し、研究開発へのインセンティブを付与したり、取引上の信用を維持することによって、産業の発展を図ることを目的にしています。
 これらの権利は、特許庁に登録することによって、一定期間、独占的に実施できる権利となります。
 
 
不動産コンサルタント 大阪  不動産コンサルタント 大阪 トキワグル−プ 不動産コンサルタント 大阪  トキワグル−プ  不動産コンサルタント 大阪  トキワグル−プ 不動産コンサルタント 大阪 常盤商事  不動産コンサルタント 大阪  トキワグル−プ谷町四丁目
トキワグループトップ ページ
  常  盤  商  事 株式会社常盤システムコーポレーション  株式会社 融合技術研究所
大阪市中央区常盤町1丁目4番12号
  常盤セントラルビル 1階  
大阪市中央区常盤町1丁目4番12号
  常盤セントラルビル 1階   
大阪市中央区常盤町1丁目4番12号
  常盤セントラルビル 1階  
  電話 06−6941-0598 
  FAX 06-6941-0420
  電話 06−6942-0728 
  FAX 06-6941-0420
  電話 06−6942-0728 
  FAX06-6941-0420